新品のタブレットだけでなく、今では中古のタブレットも買取を行ってくれる業者が増えてきました。なので、今回は中古が買取可能となっている理由をクローズアップし、さらに、どのような形で業者側が利益を得ているのかも案内していきます。

知名度を上げるために行っている

業者が、新品、中古品を問わずで、タブレットの買取を行っているのには理由があります。その理由とは、業者としての知名度を上げるためです。

例えば、大手のブックオフ、ゲオ(GEO)についてもタブレットの買取を行っていますが、今では本、ゲーム、CDの買取だけでなく、スマートフォン、タブレットも買い取りできますというアピールを行っているのです。このような対応により、今では大手の買取ショップであれば、あらゆるものを買い取ってもらえるというイメージが定着しました。

質の高い中古が増えている

今では、新品のタブレットだけでなく、中古のタブレットであっても、キャリア、買取ショップで買い取ってもらえる時代となりました。というのも、昔に比べて質の高いタブレットが増えてきたからです。

今では、若い男女だけでなく、中高年の男女もタブレットを使用しています。また、タブレットのディスプレイ部分は、カバーシールで保護されていることが増えてきました。

これにより、ディスプレイ部分が割れるといったトラブルも減り、新品に近い中古品を買い取ることができるチャンスが多くなったのです。

色々な販売ルートが存在する

商品の販売ルートが増えたため、中古のタブレットを購入してくれる割合が増えたという理由も存在します。今では、キャリア、買取ショップによる店舗内の販売だけでなく、通販サイト、オークションサイトと連携して、余った商品などを販売する業者も増えています。

関連する記事